スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これも男女の差?

前々から番組に「正しい不妊治療について特集してほしい」とメールした事がある。
それが、こんな形で世の中に知れ渡るなんてなぁ汗;


朝の番組でどういう風に取り扱われたのか分からないけど(寝てるからたはー
夕方の番組で取り扱われてて、やっぱり女性コメンテーターの方は
分かってらっしゃるのかなあ?って回答だった。


私も思っていたこと


もし、この受精卵が本当のお母さんのお腹に戻ったら
もしかしたらちゃんと産まれてきてたのかもしれない


って思ってた。そしたら同じ事をこのコメンテーターの方が仰って、



命をひとつ殺してる



男性はそこまで厳しく言わなくても、って感じの顔してたけど本当にそうだと思う。


一緒に出てた精神科医の男性は
【同業者としてかわいそうだと思う事もある。
これだけ不妊治療の技術も治療も広まれば、産婦人科医から婦人科医に変わる人が多い。
産婦人科医は逮捕されて裁判にかけられ、酷い訴えられ方をした医師もいる。
お産だといって夜中に起こされることがない婦人科医になるのはあたりまえ。
だから本当の意味で不妊治療のプロがしてるとは限らない】
なんてよーーな事を言っていた。

わかるよーーな腹立つよーーーな微妙な回答だった、精神科医なのにね。
確かに、そう言うことで婦人科が増えたことは分かる気がする。
でもさぁ。。。どっちも同じ婦人科系のプロでしょうが。。。



これから治療を復活したときに体外を考えてる私にはショックな事件だった。


この中絶をしなくてはならなかったご夫婦と、受精卵を間違われたご夫婦に
はやくコウノトリさんがやってきて欲しいと心から思った。





  ↓↓↓
ポチッとお願いします。

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 マタニティーブログ 未妊へ
にほんブログ村
  <(_ _)>ありがとうございます。励みになります
スポンサーサイト
     

コメント

Secre

     
我が家

さいこ

Author:さいこ
夫:夫クン(44歳・管理職)
妻:さいこ(41歳)
子:長男(2歳)
  次男(0歳)

2006年9月
ストレスで生理が止まり、
婦人科へ
一緒に治療開始
クロミッド&ルトラールで
タイミング開始

2008年5月
AIHスタート
1回目・・・撃沈
2回目・・・撃沈
3回目①・・・中止(夫都合)
3回目②・・・中止(夫都合)

【 体外受精 】
3年間のお休みを経て
体外へ挑戦

1回目…陰性
(採卵は10個採れ7個受精)
2回目…化学流産
3回目…稽留流産
4回目…7/11 男児出産
5回目…5/20 男児出産

結婚記念日&私の誕生日

*script by KT*
FC2カウンター
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のコメント
(注)管理人の判断により関係ない&同士が読んで不快と思われるコメントは削除させていただく場合がございます。予めご了承下さい。
最近の記事
カテゴリー
過去ログ
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。