スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心の整理がついて考えた結果

迷ったときは先生(主治医じゃない先生だけど・・・)にメールで相談グー!


聞きたかった事
 そもそも【インシュリン抵抗性】とはどんなものか簡単に教えて欲しい
 この血液検査の際に排卵時期は数値関係あるのか?
 この状態でAIHにステップアップしても大丈夫なのか??


この返信をまって心の整理をしようと思っていたけど、お忙しい先生だから、
結局返信が来る前に心の整理がついてしまった汗;

そして本日やっとお返事が・・・いつも丁寧に説明してくれるから、
今回もすがる思いでメールしたけど、明らかに少ないお返事orz


そしてその返信の内容は

こんにちは。PCOSは卵巣でのインシュリン抵抗性が原因であると考えられております。
また、PCOSの方は肥満になりやすいことも知られております。
PCOSの方の排卵障害の治療にはグリコランなどの糖尿病の薬を使うことが
多いと存じます。
排卵されておれば、人工授精にステップアップされても、問題はございませんよ。
何かのご参考になれば幸いです。



そして自分なりに整理した結果(私なりの解釈です。間違ってる部分もあると思います)

親戚に糖尿病になる人がいる場合、遺伝で糖代謝が低くなることもある。
そのためPCOSになりやすくなる。
糖代謝が低いため、肥満になりやすい。

って事か???

結局私には不妊要素がたんまりあって、大本はこの【インシュリン抵抗性】が原因だったんだ。
と今のところこの考えが一番納得する。

どおりでどんなダイエットをしても痩せなくて、リバウンドでドンドン増えていった。
(まぁ、20代半ばはストレスの塊だったのでそのせいもあるだろうけど・・・)
ナゼかダイエットするよりも、気にせず気の向くままに食べてる方が痩せるときが多かった。
今考えれば納得(笑)

まだなーーーんにも(インシュリン抵抗性の)治療が始まってないし、
これからどうなるかほんまに、ほんまに、予想も付かない。


でも、発見した!!!
私の身体は確実に妊娠に向かってる
治療を始めた頃のブログを読み返してると、始めた当初は卵胞が1.1だとか、
無排卵だったとか、内膜が薄かったとか、今思えばものすごく変わったんだなぁって思える。


今回の事は私の中でも、夫の中でももっと真剣に向き合いなさいと言う試練なんだと思った。
早くに今結果が分かって良かった~って思える。
スポンサーサイト
     

コメント

Secre

     
我が家

さいこ

Author:さいこ
夫:夫クン(44歳・管理職)
妻:さいこ(41歳)
子:長男(2歳)
  次男(0歳)

2006年9月
ストレスで生理が止まり、
婦人科へ
一緒に治療開始
クロミッド&ルトラールで
タイミング開始

2008年5月
AIHスタート
1回目・・・撃沈
2回目・・・撃沈
3回目①・・・中止(夫都合)
3回目②・・・中止(夫都合)

【 体外受精 】
3年間のお休みを経て
体外へ挑戦

1回目…陰性
(採卵は10個採れ7個受精)
2回目…化学流産
3回目…稽留流産
4回目…7/11 男児出産
5回目…5/20 男児出産

結婚記念日&私の誕生日

*script by KT*
FC2カウンター
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のコメント
(注)管理人の判断により関係ない&同士が読んで不快と思われるコメントは削除させていただく場合がございます。予めご了承下さい。
最近の記事
カテゴリー
過去ログ
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。