スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無事卒業

あまりに待ちきれず、1日早く受診してきました。


気持ちは

・この小さな生命の力を信じよう

と前向きなきもちもあれば、

・もしダメだったとしても短い間やったけど、二児の母になったのは間違いないのだから
それを感謝しよう、私を選んでくれてありがとう

とダメだった時の気持ちも悲しいものではなくなっていた。


自分では 1:9 で卒業出来ないと思ってたけど、本当は 9:1 で無事に産まれてきてくれると思ってたのかもしれない。

確か稽留流産の時は胎芽は見えなかったはず、今回は胎芽も見えてる、
先生は言わなかったけどあれは間違いなく心拍だったような気がする、これが私の中で密かに安心材料になってたのかも。




相変わらずつわりもほぼ無いに等しい状態だったのに、3日前には
台風が来る中、徳島県の極楽寺への道中ずーーっと車酔い状態でした。

何かを食べればこの気持ち悪さから開放されるはずとなんと無く思ってました。
つわりがない、ないなんて言いながら立派なつわりですよね(笑)



さて病院に到着すると患者さんが誰も居ません。
先生もコピー機の前に居ました。

心の準備もできず、即内診室へ




モニターを見つめると、、、真っ黒  

あれ?胎嚢はどこ行ったの!!!!

若干パニック、、、すると、パッと息子の超ドアっップ!!!
なにやら様子がおかしい母の緊張を解いてくれたようです


息子の顔をよけると、そこには胎芽とともに、ペコペコと動く心拍が確認できました。



う、、、、うごいてる!!!



これには私もビックリ、
直前はダメだったイメージしか出来てなかったから。


胎芽は  10.6mm  (7w4d) 

この日は7w3dだったのでほぼ標準の大きさになってくれてました。



これで無事、紹介状をもらって卒業となりました。


息子を出産して、残り2子の卵ちゃん達。


まさかの1子お迎えでここまで来てくれました。


まだまだ安心は出来ないけど、私の中にある最初の大きな壁は超えた気がします。




夫クンには朝病院に行くとは言ってたけど、何時にとは言ってませんでした。
なので電話したらすぐに出ました。

朝の私は  もしかしたらダメに成ってる可能性もあるからね、と言いてたのです。

けど、無事心拍が確認出来たと話したら



おっほ~~~~  と叫びました。


そして今日は早く帰るから!!やって。
どうしても義実家に報告しに行きたいんだそうです。



それから電話を切って私も自宅に帰りました。
帰った頃電話がかかってきて一緒にお昼食べよう!って。

すぐにわかりましたよ、超音波写真がみたいんやと。


そんなに楽しみにしてるんやな~って始めて実感しました。

スポンサーサイト

胎芽確認、ゆっくりなスピード?

ぐんと大きくなった胎嚢を見たあの日からやっと1週間がたった。
今日あたり、心拍が確認できなければ難しいかなと今までの経験から思った。

そして6週で流産となったあの時と同じような状況がさらに私を恐怖に陥れていた。

ただあの時と違うのはここに長男がいて病院で暴れまくってるということ。
いつのまにか緊張もこのこをどうにかしなければ!!にかわっていた。


内診室に呼ばれ、モニターに映ったのは



あぁ~ダメかもな


またこの言葉がよぎる。


胎嚢 16mm  


前回から1週間たってるのに 4mm しか大きくなっていなかった。


ただ前回と違ったのはそこに胎芽が映っていた事。
先生も、若干首をひねりながらも  順調かなぁ?  と言うだけだった。

そう言いながらもあまりにも小さな胎芽だったからなのか、大きさは測ってくれず。


胎芽が見えても不安は増すばかり。
覚悟しなきゃならないんやろうか???




でも私の中には光もあった。


先生は何も言わなかった。
もしかしたら胎芽が小さすぎて触れずにいてくれたのかもしれないが、
私の目には一瞬 チカチカ と点滅してるのが見えた 気がした。

この先の私の事を思っていてくれるそんな先生だから、私はダメだダメだと思いながらも
どこかで先生の 順調 って言葉を信じてる部分があった。



診察室に戻って超音波写真をもらって、次回の話へ。



次、順調やったら紹介状書くからな~
もし、うちが診察してない時間に出血とかお腹が痛くなったりしたら、
産院に事情を説明したら見てくれると思うから。
もちろん、うちの診察時間内に連絡くれたら対処するから安心して、
どっしり構えなさい。


涙が出そうな言葉をききながら、私は緊張してた。


紹介状



前々回、紹介状と言うなの卒業証書を貰えるはずが流産宣告となった。
このことは長男の時も今回も度々出てくる話。
私の中ではここを乗り越えると少し安心できる。


乗り越えられるんやろうか???


また1週間この気持と戦って行かねばならないのかと思うと憂鬱であった。








胎嚢確認

判定日から4日後の日曜日に、他の方の診察もあると言うことで特別に診察をしてくれることになりました。

特に希望はしてなかったんやけど、長男が毎回興奮して声を出したりして、外で待つことが多かったのもあり
もしかしたら先生の配慮かもしれません。



日曜日なので夫クンも一緒に行くことになりました。
それを伝えた時、 

俺も見れるやん

とノリノリになりました

直前では悪阻なのか緊張からなのか吐き気が・・・きっと緊張からです。



やはりすぐに内診室へ

モニターに映し出されるまで祈ってました。


ドキドキ、ドキドキ、ドキドキ、、、心臓の音がこんなにも大きかったなんて。。。


そして隅々まで見る先生




あっあった。。。けど小さい。小さすぎる!!!
はぁ~~ダメだ~~~

胎嚢 5.5mm 

卵黄嚢も確認出来ました。



診察室に戻って先生とのお話です。


5w0d  なのでこんなものです



ほんま?長男の時は10mmちょっとあった気がする。そしたら半分の大きさしかないやん
はぁ、やっぱり無理なんかな


終わってからスマホですぐに検索!!

やっぱりこの時期10mmはあってほしい所。
5.5mmで検索すると出産と流産と半分ぐらいでした。

検索して落ち込み、長男の時と比べて落ち込み、、、

けどたどり着いた答えは

これからの大きくなり次第   

って事!希望も持とうではないか!!!




そして木曜日に注射の日でもあるので、内診もしてくれました。
前回5.5mmだったので、10mmあれば合格かなぁと思いならモニターを見つめます。


12.2mm


うん、合格(←心の声)



私的には胎芽らしきものも見えた気がしたのですが、先生はそれに触れず。
もっとはっきりしてから言うつもりなのかなぁ。


ぐん!と大きくなってるから順調です!!



今まで出血が無いので、悪阻が無くても心配することは無いとはわかってるけど、
ぐんと大きくなってもまだまだ私の中にある 流産 と言う言葉は消えることはありませんでした。


ET5~判定日まで

ET5 で止まってましたね。

ゆっくりブログを更新する時間がありません
目を離すと何かしらするし、そうじゃない時はパソコンに触らせろ!!と泣きます。
なのでパソコンには触らせない為に私が離れるしか無いのです。
スマホも同じ。

自分の動画が見たくて何度も見つけてはスマホを渡してきます。
ダメと言うと泣きます(なんてわがまま
なのでスマホも隠してます。


と言う事から中々でした。



さて、ET5以降の症状やらの話。


前回書いたように全くと言っていい程症状は現れませんでした。

あれ付け根痛? あれムカムカ?


ただ、ゲップやおならは普段よりもよく出た気はします。
後、はじめの方に肛門痛が3日程あり動けなくなることがありました。


そしてこれらの症状については日にちが立つに連れて無くなっていき、
判定日頃には全くありませんでした。
あっ、たまに胃痛があったけど食べ過ぎによる物かもしれません。
やたらおなかすいて食べてた気がする。




フライングは ET10 でしました。


ドゥーテストばっかり使ってたけど、今回はチェックワン(ファーストじゃない方)
1分たって、、、真っ白!!


はい、ダメやった。



息子の時はすでに悪阻らしきものが始まってたので、多分そうやろうと思ってました。

時間は基礎体温を測った後の 5時25分頃でした。

夫クンに見せるために、出勤前にトイレから取り出して見せると


あれ?終了線の半分ぐらいの濃さで出てる。
でも息子の時にはもう終了線ぐらいの濃さにはなってたから、化学流産の可能性が出てきた。

そして二人でまた次頑張ろうと話す。



判定日



高温期は続いてました。
汗だくで目覚める事も多かったし、必ず1回はトイレに起きてました。

私が通う病院は 自分で(妊娠検査薬)した? と聞かれます。
なので当日朝自分でしていきます。
今度はドゥーテスト

反応は早く出たけど、やっぱり終了線の半分ぐらいの濃さ。



病院では今回すでに先生の机の上にキッドが置いてありました。

うん、しっかり反応が出とるな!



えっそうなん?(心の声)



今回私は3つの卵胞が育ちました。
排卵日にはすべて排卵してました。なのでhcgやプロゲデポーも打ちましたが、
息子の時に比べて回数は減りました。


悪阻らしきものもない、検査薬にも薄い反応。
どこかでだめになる。

その気持は拭えませんした。


     
我が家

さいこ

Author:さいこ
夫:夫クン(44歳・管理職)
妻:さいこ(41歳)
子:長男(2歳)
  次男(0歳)

2006年9月
ストレスで生理が止まり、
婦人科へ
一緒に治療開始
クロミッド&ルトラールで
タイミング開始

2008年5月
AIHスタート
1回目・・・撃沈
2回目・・・撃沈
3回目①・・・中止(夫都合)
3回目②・・・中止(夫都合)

【 体外受精 】
3年間のお休みを経て
体外へ挑戦

1回目…陰性
(採卵は10個採れ7個受精)
2回目…化学流産
3回目…稽留流産
4回目…7/11 男児出産
5回目…5/20 男児出産

結婚記念日&私の誕生日

*script by KT*
FC2カウンター
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のコメント
(注)管理人の判断により関係ない&同士が読んで不快と思われるコメントは削除させていただく場合がございます。予めご了承下さい。
最近の記事
カテゴリー
過去ログ
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。