スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

排卵誘発剤

今日から 朝(食後)クロミッド50mg 1錠

副作用は卵巣が腫れる事。

今でも生理時には卵巣がパンパンって実感するのに・・・

どうなるんだろう、と不安でいっぱい。




でも、負けてられない!


私たちのBabyに会うまで☆


楽に楽しみながら行こうと思う。


10/3 は卵管造影検査だ。


タイミングが合えば夫の検査も実施。

といっても、容器をもらってるので私が持参するだけ。

しかし、採取1時間以内、25度以下にしてはダメとの条件付き。


先生が教えてくれたからまでの持って来方は

ブラジャーの中に入れてきてだったo((*^▽^*))o ゲラゲラゲラ


確かに体温36度以上ある。

挟める谷間も幸い持っている。

了解しました。
スポンサーサイト

いよいよ開始

病院に行くとまたもや誰もおらず。

誰か診察してるのかな?と思ってると1人の女の人が心配そうに入ってきた。


そしてすぐに診察室へ。。。


まぁ、私にはたっぷり時間はある

のんびり待ってるとすぐに名前呼ばれた。



先生はカルテと体温表を見ていた。


生理がいつものような生理じゃなくて、茶色いカスのようなもので、

少し早いんですが、心配で来てしまいました



そう、メールで分かっていたが診察をしたわけじゃない。

不安は無くなったが、変だが心配はあった。


けど、先生の答えは

やはり生理だな!って事。


な~~んだ♪やっぱそなんや~~



そして、これからについて相談となった。



まぁ、弱いとはいえちゃんと体が排卵を起こそうと努力してるのがわかるし、

これを生理として、確実に排卵を起こさせるために排卵誘発剤を出します。

ちゃんと排卵するか見るために、必ず10/10に来れるかな?

あと、卵管造影検査をするから。費用は・・・かな



いよいよ来た。

卵管が詰まってるようである私には、きっと激痛だろう。

そんなことを思いながら、さっき来た人もそうなんだろうなと思った。


今日は、内診がなく血液検査だけして帰ってきた。



来週は【卵管造影検査】だ。

つまってる人、つまってない人で痛さが違うと聞く。

ちょっとドキドキ


けど、何故かこうしてちゃんと検査していくにつれて、

私の心は晴れやかになっていた。



帰ろうとする私に先生が、

1つ忘れてた。

排卵誘発剤を使ってるときに妊娠すると、双子が出来やすくなります。

普通妊娠では100人に1人と言われてますが、

これを使うと25~30人に1人になると言われます。

双子が嫌と言うなら使いませんが、大丈夫ですか?



と、、、、


ヽ(´ー`)ノ せんせ~

私、小学校のタイムカプセルに未来の自分への手紙には


【きっと双子のお母さんになってる】

と書いてるんですよ。

大丈夫、大丈夫♪

どっちかと言うと望みたいくらいです。

何かがおかしい・・・

ルトラールの副作用は想像以上で、

電車に乗るのが辛かったり、気持ちが悪くなったり、

最終的には起きることさえしんどい程だった。


やっと飲み終えた時には、ホッとした気持ちでいっぱいだった



先生が基礎体温表に殴り書きで書いたように体温は落ちていくが、

生理が来ない。

そのうち、オリモノと一緒にごくわずかであるがうす~~~い血が混ざった。

そろそろだなと思っても結局その日はそれだけ。

それ以降は3日間、終わりかけのような茶色いカスだけで、

しかもナプキンは必要が無いほど、微量だった。



何かがおかしい。。。



私は、通院してない別の病院の先生に相談のメールをした。
(①病院の先生)

すると、すぐに返信がきた。


多嚢胞性卵巣で、卵巣で卵胞が大きくならず、
従ってエストロゲンも分泌されないため、
子宮内膜が比較的薄い状態ではないかと思います。

この状態でルトラールを服用されると、服用後に出血があっても、
少ない可能性が考えられます。
茶色いおりものを生理と考えていただいても良いのではないかと思います。



と。な~~んだ、これが生理なんだ。
そうなんだ。

ビックリして病気じゃないかって心配で心配で。。。
すぐに体温表を持って病院に行った。


ただ、はっきりしたこと・・・

私が多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)であること

初診

病院の前についたとき、一瞬ためらった。

しかしビルの中にある病院の為、すぐ入ることが出来た。



病院のHPで見ていた通りのままだった。
そこにはやはりHPで見た受付のお姉さんが、やさしく迎えてくれた。

17時という時間なのか、待合室には誰もおらず、ノンビリと待つことが出来た。



それでも待っている間に、ストレスなのか?更年期障害なのか?
子宮筋腫なか? それとも・・・他の病気なのか?
基礎体温表とにらめっこしながら、不安を紛らわせていた。


名前を呼ばれ、診察室にはいるとこれまた写真通りの先生がいた。


2冊の「基礎体温表」をみながら問診。

そして内診。
超音波のモニターを私も見ながら説明を受けた。



①子宮内にポリープの様なモノが見える事
②左の卵巣が「多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)」のようである事。

この2点が分かった。
しかし、すべて詳しい検査をしなければはっきりしないけど、
①は生理が止まってるせいで見られることもあるので、
まず!生理を起こさせるためと排卵がちゃんと出来てるかどうかの確認するため、ホルモン剤で人工的に生理を起こさせる事に。
_| ̄|●



診てもらって分かったのは、私が生理前に痛くなるのは
「月経前緊張症」であること。
また隔月で酷い症状が現れることを考えると、左の卵巣から排卵時に酷くなるのではないか?と(=`~´=)



今までの不調も結局ホルモンのバランスの崩れとストレス。
今回、それで生理が止まったので(仕方なく)婦人科に行って判明したからよかったものの。。。

こうでもしなきゃ、不妊治療が先延ばしやったと思うと、
遅いかもしれんけど、良いタイミングやったんとちゃうかと思う。



今回【ルトラール2mg】を朝・晩 1日2回食後に10日間服用し
それから様子を見ることに。

生理が来たら生理中に再診、来なかったら「10/2」に再診と聞いて
病院を後にした。

きっかけ

生理前痛がひどい私。

デスクワークなので、じっと椅子に座ってることが生理前に困難な日が数日続くこともあった。
そのため、休む日も多かった。

会社の昇級の条件は80%が出勤率。
シフト以外に2日休むと昇級はない。現状維持または下がるかどちらか。
そのため、決められた仕事以外に上司の手伝い等をして残業をする日が続いた。
契約で残業代はつかない。


いつしか何のために帰宅時間が9時、10時になってまで、家庭を犠牲にしてまで頑張らなきゃならない仕事なのか?と思うようになった。


何のために、、、何のために、、、


悩む日々が続き、精神的にしんどくなり数日お休みをもらった。

そして復活したときみんなに休みが少なかったのでは?と。



その後、お金のためと割り切る様にし、休まない、その変わり何があっても残業はせず定時に帰る。と決めた



数日が過ぎた頃、生理が来てないことに気がついた。

そして、また仕事に行く事が出来なくなってきた・・・



病院に行きますと言って電話を切りった。

次の日、まだしんどいを言うと


本当に病院に行きはったのですか?


と、女性の上司に言われた。




あまりにムカツキ別の病院に行こうと思った。
この前は単に生理が来ない事だけの診察目的だったが、今回は兼不妊治療をしにと考え、


そして、結局③の病院に行くことにした。
時間は17時だった。。。

病院選びから

1年前から治療を始めてみようと思っていた。
けど、婦人科の門を叩くのは勇気がいること。

いろいろなサイトやブログを見たり、病院のHPやBBSを読んだりしていた。


今候補に挙がったのが3つ
①よくTVにも出てる先生がいる不妊専門の病院
②女医さんがいる婦人科の病院
③今年、ある大きな病院で不妊治療した先生が開業したばかりの病院


この3つだった。
もちろん周囲の評判で①に決めていたので先生にもメールでの問い合わせやBBSでの質問もしていた。

やはり人気の先生だけあって、初診は3時間ぐらいの余裕はみないといけんし、次の予約すら難しいと書いてあった。



そこで③の病院に注目した。
①のHPでなかった治療にかかる料金の具体的な表示。
院内の写真とスタッフの写真入りの紹介、診察時間、内診の時には自分の横にあるモニターで見ることが出来る設備。

ここにしようかなぁ。。。

①の病院よりも1駅近く、駅の前にあるので交通の便も良かった。

②は③と同じ駅にあるが、私の周りでの評価が別れた。


私は①>③>②と決めたがなかなか足が向くことは無かった。









~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

今日はホルモン剤の副作用か、電車にのるのがちょっと辛かった。
降りると吐き気がし、しばらくおさまらなかった。
薬剤師が言うには慣れてくるらしい。本当にそうなのか?
私の周りではみんな辛かったと・・・

でも、あと8日。
あと8日の辛抱だ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

開始

今日から不妊治療を開始。


まずは止まってしまった生理を誘発するため【ルトラール2mg】を朝・夕に1錠服用。
     
我が家

さいこ

Author:さいこ
夫:夫クン(44歳・管理職)
妻:さいこ(41歳)
子:長男(2歳)
  次男(0歳)

2006年9月
ストレスで生理が止まり、
婦人科へ
一緒に治療開始
クロミッド&ルトラールで
タイミング開始

2008年5月
AIHスタート
1回目・・・撃沈
2回目・・・撃沈
3回目①・・・中止(夫都合)
3回目②・・・中止(夫都合)

【 体外受精 】
3年間のお休みを経て
体外へ挑戦

1回目…陰性
(採卵は10個採れ7個受精)
2回目…化学流産
3回目…稽留流産
4回目…7/11 男児出産
5回目…5/20 男児出産

結婚記念日&私の誕生日

*script by KT*
FC2カウンター
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のコメント
(注)管理人の判断により関係ない&同士が読んで不快と思われるコメントは削除させていただく場合がございます。予めご了承下さい。
最近の記事
カテゴリー
過去ログ
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。